つやつや習慣 ほくろ 使い方

ほくろやイボに効く?つやつや習慣プラスって何者?

 

今回は、
「ほくろが取れる!?」
「イボが取れる!?」とうわさされている

 

つやつや習慣プラスという商品が、本当にほくろやイボに効くのか、
そして、効果的な使い方をリサーチしてみました。

 

 

まず、つやつや習慣プラスとは何か?

 

 

つやつや習慣プラスとは、
角質ケアと化粧水・乳液・美容液・保湿の役割をこなす
オールインワンタイプのジェルだそうです。

 

 

あんずエキスやハトムギエキス、
アロエベラの成分が売りになっていて、
それぞれ、角質のケアに効いたり保湿に一役買ってくれる商品です。

 

 

 

では、本当に、ほくろやイボにつやつや習慣は効くのでしょうか。

 

 

 

ほくろ、イボの効果について!

 

結論から申しますと、

 

ほくろには、残念ながら効き目は無いと言っていいでしょう。

 

 

しかし、老年性のイボには、効果を発揮する商品です。

 

「どうして、イボには効いてほくろには効かないの?」

 

という疑問がおありかと思います。

 

 

なぜなら、
ほくろは皮膚の一部に、メラニンを作る力を持つ“メラノサイト”が
集まって出来たもので、メラノサイトは皮膚の内側に発生します。

 

 

そして、老年性のイボは、肌の代謝が上手くいかずに、
皮膚の表面に角質が残って生まれたものになります。

 

 

こちらは、皮膚の外側に溜まっていく仕組みです。

 

 

つやつや習慣プラスは、肌に塗りこむタイプの商品です。

 

 

つまり、皮膚の表面にある余計な角質によく効く、という事になりますね♪

 

 

皮膚の内側にまで大量に浸透する力は、
残念ながら持っていないようです。
(持っていたとしたら、逆に刺激が強すぎて使えないかもしれませんね。)

 

 

さて、加齢と共に増えるといわれる
老人性のイボを効果的に取り除くためには、
艶つや習慣プラスをどうやって使えばいいのでしょうか。

 

 

それを、これからご説明します。

 

 

 

塗り込む、ベストなタイミングとは?

 

 

艶つや習慣プラスを使うタイミングは、洗顔後がベストです。

 

メイクや汚れが皮膚の表面に残っていると、成分がうまく
浸透してくれなくなる恐れがあるので、洗顔を行ってから使用しましょう。

 

 

使い方は、「艶つや習慣プラス」をさくらんぼくらいの大きさに取り、
洗顔後のきれいな肌に塗りこみます。

 

 

この時、よけいな刺激を与えないよう、
ていねいにマッサージするようにお顔に伸ばしていくのがベスト。

 

 

これを、朝と晩の1日2回行うのがもっとも効率的ですが、
時間の無い方は、1日1回でも大丈夫です。

 

 

さらに、1週間に1回程度、
「艶つや習慣プラス」を使ったパックをするのもおすすめです。

 

 

パックのやり方は、
これも洗顔後のきれいな肌に、ピンポン玉くらいの大きさに取った
「艶つや習慣」をまんべんなくお顔に塗っていきます。

 

 

この時も、優しくていねいに塗りこむようにしてください。

 

 

そして、お風呂につかりながら10分ほど放置します。

 

10分経ったら、お湯かぬるま湯できれいに洗い流してください。

 

 

1日1〜2回の洗顔後のケアと、週に1度のパックで、
だいぶ効率的に角質ケアに効く成分と、
お肌のうるおいを保つ成分を取り込めるようになるかと思います。

 

 

もしも、最初の方法を試す時に
肌がべたついてしまうようでしたら、数回に分けて塗りこんでください。

 

 

艶つや習慣プラスは、最初はべたつくかもしれませんが、
肌がこの商品に慣れてくると、
徐々にべたつきが気にならなくなってくるはずです。

 

      

 

つやつや習慣プラス公式サイト!

 

 

ここだけは注意しておきたいポイント!!

 

 

ひとつご注意いただきたいのは、アレルギーに関してです。

 

「艶つや習慣プラス」には、エタノールや、
小麦に成分がよく似ているハトムギエキスが入っています。

 

 

つまり、これらのアレルギーをお持ちの方は、
ご使用を見合わせるか、肌に合うかをチェックしながら使うようにしてください。

 

 

角質ケアとオールインワンジェルがひとつになったつやつや習慣。

 

良い口コミや、驚き、喜びの声がいくつも聞かれます。

 

もし興味をもたれましたら、
まずは3ヶ月、お試ししてみてのもありかと思いますよ♪

 

      

 

つやつや習慣プラス公式!